賃貸物件の隣人への挨拶の費用

旧居の隣人に対する挨拶費用の相場

引越し挨拶を行う際には、引越し業者へ任せきりにせずに旧居の隣人に対しても挨拶をしておくと良いでしょう。例えば、新居用と同じものを利用して、のし紙を用意しないという方法ならば、500円前後で比較的すぐに消費出来る消耗品が喜ばれます。新居の隣人とはこれからも契約期間内は付き合いを続ける必要がありますが、旧居の隣人に対しては必ずしも挨拶をする必要はありません。そこで、新居用に用意しておいた挨拶品の候補のうち、実際に用意してボツになった品物を渡しておくなどすれば良いでしょう。なぜなら、後から周囲へ悪い噂を流されなければ良いだけで、新居とは異なり直接的な影響がほとんど無いからです。例外的に社宅の場合にはしっかり挨拶しなければなりませんが、一般的な賃貸物件では退去時の挨拶は重視されません。

新居の隣人に対する挨拶費用の相場

新居の隣人に対する挨拶費用は、500円から1,000円程度の範囲内でなるべく好みが分かれない消耗品が望ましいです。かつては、洗剤やタオルが好まれていましたが、賃貸物件では核家族化や一人暮らしの隣人が多いために貰っても使えないと思われやすくなっています。そこで、好みに左右されないラップ詰め合わせや3合程度の真空パック包装された米といった500円程度で用意出来る品物が挨拶品として好まれます。1,000円を超えるような挨拶品を貰うと、隣人の中には引越し挨拶をしていない人がいるので逆恨みされるリスクが生じやすいです。目安としてワンコインの500円で購入可能な一般的な商品を選び、のし紙だけしっかり用意しておけば何ら問題ないでしょう。僅かな気遣いで賃貸物件契約期間を無難に過ごせれば十分だと考えて、手軽な挨拶品を用意すれば良いです。